×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔脱毛のやり方1

顔脱毛のやり方には色々なものがあります。脱毛クリームの使用は、体毛の成分であるケラチンをクリームで毛を溶かすことで顔脱毛を行う方法です。短時間で顔の脱毛ができ、痛みを感じることがありません。仕上がりも剃った時のような不自然さや手触りではなく、毛を一旦溶かす方法なので再び毛が生えてきても自然です。

顔脱毛のやり方2

注意したいのが、この脱毛の方法は、うぶ毛と一緒に皮膚の表面にある角質層の部分を溶かしてしまう危険性があるのです。ですので、リスクの大きい、刺激が強く、リスク大きいのが脱毛クリームによる顔脱毛なのです。実際は顔脱毛後の柔らかでツルツルした顔の表面の感触は、実は皮膚が溶けてそれにより滑らかに感じているのです。顔脱毛のもう一つの方法として、フェイスパックがあります。これは粘着成分のある液を肌にピッタリつけることによって肌に吸着させ、そのパックをはがす時に黒ずんだ角質やお肌の汚れと共に産毛やむだ毛も抜いてしまう方法のです。

顔脱毛のやり方3

パックの塗りむらなどを気をつけないと、思うように毛がぬけないことがありますが、脱毛と共に古い角質も除去することが可能です毛を除去したい部分を確実に抜くことが出来る反面、肌への負担が高いのが、脱毛テープや毛抜きなどで行う方法です。肌にとっては負担が大きいものなのでお風呂あがりなど肌が柔らかく毛穴が十分に開いているじょうたいで、アフターケアも普段よりもきちんと行う必要性があります。最近は、毛抜きなどの他にエピスティックと呼ばれる台湾式のコイルを利用した毛抜きも顔脱毛の道具として販売されています。手軽でどこでも使えるので、人気があるようです。

Copyright © 2007 顔脱毛のやり方、教えますがどうします?